株式会社 整備技研/車検、点検、一般修理、オイル交換、新車・中古車販売、各種保険
整 備 メ モ
作業内容
トヨタ・プリウスインバータ故障診断・交換作業
作業メカニック
笹村 紀一郎

  ―本作業については、Goopit当社ページでも詳しく紹介しています♪―

<車両データ>
 車種:トヨタ プリウス S
 年式:平成21年11月
 型式:DAA-ZVW30
 車台番号:ZVW30-1119391
 エンジン型式:2ZR‐3JM
 走行距離:94,751km

<故障内容>
 中国道を走行中ギクシャクしてエンジン停止、その後走行不能。

<現象確認>
 一瞬しかレディオンにならず、ハイブリッドシステムエラー表示、エンジン警告灯表示、
 マスターウォーニングランプ点灯。これらのことよりハイブリッド系統に不具合があると考えられた。

<テスター診断(Gスキャン)>
 P0A1A (モーターECU系統No2異常)
 詳細コード151 ランパルス異常 or モータージェネレータECU内部異常
 P324E (FrモーターECU系統異常)

 P0A1A‐151
  項目:モーターECU系統No2
  DTC検出条件:インバータ内モータージェネレータECU内部異常
  点検部位:インバータAssy

<診断手順>
  エラーコード消去しても同DTC出力の場合エラーコードの種類の確認、
  P0A1A‐151およびP324Eのみの出力→インバータAssyの点検
  インバータの品番確認→この車両はG9200‐47140
  この品番からモータージェネレーターコントロールコンピュータAssy、インバータカレントセンサAssy
  およびインバータワイヤAssyの交換となる。
  ※上記部品は、パワーコントロールユニット内蔵部品で非分解であるため、修理作業内容は
   パワーコントロールユニットAssyの交換となる。
@パワーコントロールユニットの取り外し
車両左側、HVモータ上部にあるパワーコントロールユニットを取り外します。
A新品組み付け後の動作検証
一番左画像は、左:取り外したインバータ、右:新品です。新品交換後、DTC出力なし、ハイブリッドシステムエラー表示なし、エンジン警告灯表示なし、マスターウォーニングランプ点灯なしを確認。
試運転結果も良好でした。
B故障したインバータの分解検証1
左:インバータケース
中:モータージェネレータコントロールコンピュータ
右:インバータワイヤとインバータカレントセンサ(電流センサ)
C故障したインバータの分解検証2
左:モータジェネレータコントロールコンピュータ
中:パワーモジュールインテリジェントトランジスタキット
右:HVコンバーター
検証結果から
今回の故障原因はパワーコントロールユニット内インバータ系統となるインバータワイヤには、接続不良、サビ、破損などは見当たらないためインバータカレントセンサ、もしくはモータージェネレーターECUに不具合があったと考えられる。。

▲TOP
サイトマップ お問い合わせ 個人情報について アクセス
車検のことなら整備技研。インターネットから簡単車検見積。1日車検も対応しています。
車検後も万全のアフターフォローで安心! 迅速・丁寧な車検でお客様の満足100%を目指します!

株式会社 整備技研
〒561-0835 大阪府豊中市庄本町3丁目11-16
TEL:06-6332-1307 FAX:06-6332-1314 Eメール:kb@seibigiken.com
営業時間:9:00〜18:00 (第二・四土曜、日、祝は休業。ただし、ご予約状況により営業の場合あり。)
(C)Copyright Seibigiken Co., Ltd. 2007 All rights reserved.