>>> より充実した整備のご紹介
最新の故障診断装置を導入!! 《積極的にトラブルシューティングに向かう姿勢》
現在、国産車・輸入車を問わず、エンジン・ABSなどコンピュータ制御が主流!
目視点検だけでは故障は解明できません。
また、経験や勘にたよって修理できる時代でもありません。

私たちは、他社に先んじてお客様に一流の整備をお届けしたいという思いを持って日々努力しています。もちろん、国産車・輸入車問わず、どのメーカーの車にも対応しています。
その一環として、新しいテスター・機器なども積極的に導入し、活用しています。
車も人間と同様、早期発見・早期治療が健康を取り戻す近道です。そのためには、高性能の最新診断装置が威力を発揮します。些細なトラブルを確実にキャッチし、重大なトラブル発生を防ぐことができるという、豊かな安心感をお客様にご提供できるのです。

当社では以前より、国産車の外部診断機器として日立モバイル「HDM-2000」を使用し、好評を得ておりましたが、このたびこれをさらにヴァージョンアップさせた「HDM-3000」輸入車用の外部診断機「VeDis」(オートランド製)を追加で備え、日々の故障診断に役立てています。
この「VeDis」について、一部ご紹介いたします。

【対応車種】
 ●BMW
 ●メルセデス-ベンツ
 ●フォルクス-ワーゲン
 ●アウディ
 ●ボルボ
 ●オペル
 ●ポルシェ
 ●フォード
 ●ジェネリックOBD
 
※車種によっては、適用しない車種もございます。

【異常コードの読み出し/消去機能について】
 メーターパネルのウォーニングランプが点灯することにより、何らかの重 大なトラブル発生をドライバーに知らせています。
しかし、一時的な異常であればウォーニングランプは点灯せずに、車の内部コンピュータに異常コード(記録)として残っていきます。


そこで、この診断機を用いることによって隠れた異常コードを読み出し、的確かつスピーディーに診断する
ことができるのです。
この一時的な異常コードは輸入車に多く見られるようなので、ドライバーが気付かないうちに、多数の異常
コードが記録されているかもしれません。

その他アクティブテスト、サービスリセットなど、いろいろな機能が装備されており、電子化の進んだ現代の車に欠かせない診断装置となっています。

車の調子が悪いが原因がわからない方、納得いく点検整備をお求めの方、国産車・輸入車にかかわらず、ぜひ当社で故障診断を受けてみてください。

より充実した整備のご紹介

▲TOP
サイトマップ お問い合わせ 個人情報について アクセス
車検のことなら整備技研。インターネットから簡単車検見積。1日車検も対応しています。
車検後も万全のアフターフォローで安心! 迅速・丁寧な車検でお客様の満足100%を目指します!

株式会社 整備技研
〒561-0835 大阪府豊中市庄本町3丁目11-16
TEL:06-6332-1307 FAX:06-6332-1314 Eメール:kb@seibigiken.co.jp
営業時間:9:00〜18:00 (第二・四土曜、日、祝は休業。ただし、ご予約状況により営業の場合あり。)
(C)Copyright Seibigiken Co., Ltd. 2007 All rights reserved.