>>>三度笠のカサ、井戸のイ 番外編
僕のオトン
連載中の本編も気になるところではございましょうが、今回は趣向を変え、現在の社長のプライベートを、社長の長男がレポートしました。

ドラ息子として丹精こめて育てられた僕は、今年で28歳になりました。今年の春まで5年間、東京でエンジニアの職に就いていたのですが、物書きの仕事をしたいとの衝動に駆られ、大阪でまた学校に通うことになりました。またまた、オトンの世話になっています。

 外でのオトンは、皆さんの方がご存知かと思います。我々家族が知っている外でのオトンは、”平日も休日もよくゴルフへ行っている”ことくらいでしょうか。オトンが他の人と電話でしゃべる時の高く愛想のいい声から想像すると、割とテキパキと献身的に働いてるかもしれません。

家族から見たオトンは、外でのオトンとはまるで違います。

どこの親父もそうかも知れませんが、家でのオトンは、まーーーったく動きません。一度座った位置(TVの前)を1mmたりとも動きません。部屋の隅にある新聞が欲しいときも、わざわざ隣の台所で家事をしている母を呼びつけます。
食べたバナナの皮は畳の上に放置。アイスクリームは一度に必ず2個は食べ、振る舞いは自由奔放、まさに動物です。
ところで我が家では犬を飼っています。
実はこの犬、太りすぎて厳しい食事制限(少量のドッグフード)がかけられています。家族の食事中、そばに来てうるんだ瞳で見られると、可愛さのあまり、家族全員ついついおかずをやりたくなる衝動にかられるですが、そこは家族全員歯をくいしばって我慢します。

しかし、キングオトンは別。衝動のおもむくままに好きなだけ、与えてはならない高カロリーのおかずを犬に与えます。
まあ、好かれたい一心でやってるだけに憎めないのですが、おかげで我が家のペットの食事制限が解かれる日の見通しは立っておりません。

そんなオトンが家の中で、唯一自分を律し、活発に動くのは、素振りをするために”ゴルフ部屋”へ向かう時です。

以前子供部屋として使われていた6畳弱のこの部屋は、妹が高校を卒業して家を出たあと、少しずつ手が加えられ、その結果、狭い我が家で、オトンがゴルフクラブを躊躇なくフルスイングするための四方八方鏡張りの、ゴルファー仕様の部屋へと大改造されました。
(「この部屋にふとん敷いても落ち着いて寝られへん」と、たまに帰ってくる妹から苦情が出ても、どこ吹く風のオトン)
ドン、ドン、ドン・・・食事後の素振りで、床をたたく音が聞こえ始めます。この行為は、毎日夜11時すぎまで行われるのですが(ご近所の方すみません!)、その昔、夜10時頃まで、家の中でボール遊びをしていた僕に「近所迷惑やろがーー!」と雷を落としたのは間違いなく父だったはず・・・・。
こんな少し理不尽で、頑固な面もあるオトンですが、家族全員尊敬と感謝の気持ちでいっぱいです。

 まだまだ、健康マニアなオトンや、寒いギャグをかっ飛ばし、末の弟に煙たがられているオトンなど話題に事欠きませんが、このへんにしておきます。

家でのオトンは、皆さんの想像と違っていたでしょうか?それとも想像通りだったでしょうか?
<KB通信34号掲載(2006年8月) >
三度笠のカサ、井戸のイ
エッセイほいさっさ
ほのぼの劇場


▲TOP
サイトマップ お問い合わせ 個人情報について アクセス
車検のことなら整備技研。インターネットから簡単車検見積。1日車検も対応しています。
車検後も万全のアフターフォローで安心! 迅速・丁寧な車検でお客様の満足100%を目指します!

株式会社 整備技研
〒561-0835 大阪府豊中市庄本町3丁目11-16
TEL:06-6332-1307 FAX:06-6332-1314 Eメール:kb@seibigiken.co.jp
営業時間:9:00〜18:00 (第二・四土曜、日、祝は休業。ただし、ご予約状況により営業の場合あり。)
(C)Copyright Seibigiken Co., Ltd. 2007 All rights reserved.